映画作家 牧野貴の映画の上映予定など
by makinokino
カテゴリ
メモ
[+]上映会について
上映予定
2009年
2006年〜2008年
Movie
Schedule
2006〜2008
2009
活動歴
contact
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
『Generator』について
2011年12月3日、4日の2日間、僕の新作『Generator』が上映されます。

『Generator』というこの映画は、2011年2月より3月の間、約2ヶ月間で制作されました。
東京の空撮を試みたのは3月8日、震災の3日前で、まだ夜景は恐ろしく強く光り輝いていました。

遥か前方に見える、あの赤い光は何だろうと思い、その方向にヘリコプターを向けました。撮影しながらそれは、新宿であるという事がわかりました。
e0142092_13372395.jpg

e0142092_13365966.jpg

駅はまるで心臓のように脈打ち、車や電車はまるで血液のように活動していました。



震災後、そのヘリポートは地盤の液状化の為に営業を停止、個人が撮影の為に東京上空を飛び回る事など不可能な状況になり、中国から注文していた機材も到着せず、自宅の編集棚は滅茶苦茶に、水道水からはセシウムが、水を買おうにも中高年層の買い占めにより水が手に入らなくなった時、映画の完成はもう無理だ、日本に住むのももう無理だとさえ考えた時期も有りました。


余震の続く中、ようやく編集の段階に入ると、今度は自分の映像が放射能と津波にしか見えなくなるという状況に陥りました。
これはある程度予測出来ていた事で、なぜなら僕は大量の水と粒子のイメージを、都市の映像に重ねていたからです。
これを見た人はこの映画をどう思うだろう、実際に創っている自分がこのように激しく困惑しているのだから、きっとこの映画は発表しない方が良いかも知れないとさえ考えました。



しかし、2010年に自分が書いた企画書を見ると、


「イメージが生まれる前のイメージへ向かう。
永遠に続く環境音、ノイズ、視界に反映される幾重もの太陽光の乱反射。アスファルトの陰影。フィルムの限界まで素粒子にされた水の流れ、水面の反射、溶岩のようなゆったりとした大きな流れが耐えることなくコラージュされていく。
太陽の表面か、大気圏突入時の皮膚の溶解か、深海で発酵する魚類の死骸の最後の運動なのか、とにかくその流れは濃度と速度を変化させながら画面を覆いつくし変化を繰り返す。

映像はやがて空撮に移行する。光り輝く大海原、そして太陽、無限に見える程続いて行く人工の建造物。脈動する血液の様に流れる川。
そこで観客は初めて自分の見ていた風景のスケールを認識する事になる。音楽は止み、音は人間の体内の鼓動を意識させるものへと変化する。
観客は広大な風景を眺めながら、体内の音を聞く。それはスクリーンと言う共通認識のための道具、映画という形式を逆手に捕らえた状況である。
つまり観客は、同じスクリーンを見つめながら、それぞれの体内に意識を向けるのである。体内に向けられた映像と意識は、観客の数だけ異なる風景を浮かべさせ、映画は身体の中で増殖するイマジネーション・ジェネレーターとして機能し始める。

やがて観客は、都市そのものがひとつの生命体であること、自分自身が個人ではなく、人類という巨大生命体の一部であることを認識する事になる。
それは個の崩壊ではなく、溶解する自意識であり、統一化されないまま自由に浮遊するゴーストになる事。生死をも超えた、全ての人類が持つはずの共通の記憶を呼び覚ます事。」 (2010年11月)


とある。
これは、やはり、自分の最初の計画通りに事を進めよう、この映画を創るのをやめたら、それは地震にも自身にも敗北した気持ちになるだろうと考えたらです。

このような現状だけれども、自分にとってやはり「GENERATOR」という言葉はポジティブな意味に捉える事が出来ます。原子力発電所に反対、賛成という2分された既成の意見ではなく、1人の人間としての意見を、映画で表現する事、映画作家にしか出来ない表現をする事、そしてそれを世界中で上映する事。
それ以外に自分はエネルギーを使うべきではないと判断し、行動しました。


この映画を見る人は、多くの事を考えるでしょう。きっと予想もしなかったような夢を見る事になるでしょう。そしてそれは、どの国でも同じ現象を引き起こすでしょう。そう望みます。そして、大切な事、答にたどり着く事が出来れば、僕はいつ映画を辞めても良いと思っています。

2011年11月25日 牧野貴


e0142092_1340264.jpg

『Generator』
2011年度愛知芸術文化センターオリジナル映像作品
20分 カラー 16:9 HDCAM 音楽:ジム・オルーク

日時 : 2011年12月3日(土)4日(日)ともに14時30分から上映開始
場所 : 愛知芸術文化センター
上映作品 : 『still in cosmos』『Inter View』『光の絵巻』『Generator』

第16回アートフィルム・フェスティバル
http://www.aac.pref.aichi.jp/bunjyo/jishyu/2011/11aff/index.html

『Generator』予告編
http://www.youtube.com/watch?v=nrvbHEov3L8
by makinokino | 2011-11-25 13:59 | メモ