映画作家 牧野貴の映画の上映予定など
by makinokino
カテゴリ
メモ
[+]上映会について
上映予定
2009年
2006年〜2008年
Movie
Schedule
2006〜2008
2009
活動歴
contact
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
GENERATOR

以前に「完成した」と言っていた新作[GENERATOR]ですが、
初上映が11月と余裕があるので、その後も再撮影、再編集と毎日進めています。

ここまで映像の細部について深く創り込めたのは、精神的にも技術的にも全く初めての事で、未知の領域に入るという事の面白さや恐ろしさというものを実感しているところです。

[GENERATOR]とうタイトルは、もう2年前から決まっていたのですが、その映画のメインとなる空撮が終わった直後に来た震災、放射能漏れという事件の影響を、意識的にも無意識的にもやはりすごく強く受けていて、それは作品の中に思い切り顕著に現れていると思います。

今年、ロッテルダムで[Inter View]を上映したとき、「牧野君の青の時代が来たようだね」なんて言われたのですが、もうすでに青の時代は終わり、血や細胞、生命力や傷を連想させるような、赤の時代に突入しています。それはポーの「赤死病の仮面」のように突然現れ、、、7色の部屋を恐ろしいスピードで駆け抜けて行き、新しい虹を描く事でしょう。

[GENERATOR]はもうすぐ出来るので、連休は次回作の為の準備を進めようと考えています。35ミリと8ミリを持って、知らない土地に出かけます。
by makinokino | 2011-04-30 11:08 | メモ
大阪で轟音
e0142092_1662586.gif



僕は今回は[Resolution, Synthesis, Re-composition] と、
[The Low Storm]を出品します。この2本なら、深夜にライブハウスで見ても、なかなか良いのではないか、、と思うからです。


あと、うっかりしていたのですが、今日、フランクフルトで開催されているNippon Connectionという映画祭で[still in cosmos] が上映されます。
http://www.nipponconnection.com/nippon-2011/eng/timetable-28042011.html


6月後半にも、タラ・ジェイン・オニールとの楽しみな企画が用意されていますので、ご期待下さい!
by makinokino | 2011-04-28 16:38 | メモ
Experimental film screening project [+]
e0142092_1624957.jpg

僕は1997年に、現在の日本の実験映画界の状況に完全に失望してからというもの、ただひたすらに単独上映会を継続してきました。自分の創る映画を、実験映画と呼ぶ事すら避けて来たほどに、現在の日本の実験映画に対して強い反発心を持っていたからです。(今ももちろん持っています)


しかし、2008年にロッテルダム国際映画祭に参加した際、今まで自分が日本で感じていた、「実験映画」と呼ばれる分野に対する強い偏見が、一掃されてしまいました。今まで、日本で「実験映画」と呼ばれ、上映されていたものは、世界的に見ればほんの僅かな、偏った流れでしかなかったという事実を知りました。


ロッテルダムには、若く、自分よりも頭のキレる、反発精神に満ちあふれた、生粋の映画作家たちが、世界中から集結していました。彼らから学ぶ事は非常に多く、僕は彼らの作品を日本でも紹介したいと思うようになりました。そこから、僕の単独上映会は、少しずつ変化し、展開し始めました。


2009年9月に、[+]上映会を開催した際には、小規模ながら予想以上の反響となり、3日で100名を超す動員となり、
2010年には東京と京都で開催し、動員数は300名を超えるという結果を出す事が出来るようにまでなりました。
2011年には、クロアチアの先鋭的な実験映画祭である、25FPSと協力し合い、新たな展開を見せたいと計画しております。そしてすでにプログラムは決定しています。



このようにして続けられて来た上映会ですが、運営をもっとスマートに、より多くの若い人に、この上映活動の声が届くようにするため、僕は[+]上映会を、組織で運営して行く必要性を感じました。幸いな事に、才能ある優しい仲間に恵まれ、メンバーはすぐに集まりました。


そして昨日、公式ホームページを立ち上げました。今まで開催した[+]上映会の情報等も見る事が出来ます。


http://plusscreening.org/



今後、精力的に上映活動を展開させて行きますので、皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

これから、この[+](プラス)上映会が、日本における、新しい実験映画の土壌を切り拓いていく、ひとつの強力な発信地となる様を、これからも見守って頂けたらと願っております。どうぞ、よろしくお願いいたします。


今はとにかく頑張ります!






[+]代表 牧野貴
by makinokino | 2011-04-14 16:12 | メモ