映画作家 牧野貴の映画の上映予定など
by makinokino
カテゴリ
メモ
[+]上映会について
上映予定
2009年
2006年〜2008年
Movie
Schedule
2006〜2008
2009
活動歴
contact
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
坂本宰の影

僕の参加するイベントではないのですが、
11月には大変興味深いイベントがあるのでここでも大推薦させて頂きます。

・11月1日(日) 坂本宰の影『クライマクテリック』at Plan B
e0142092_2343517.jpg


坂本宰さんのホームページ→http://web.me.com/sakamotoosamu/

ミスター・ストイック、ミスター・エキセントリック、ミスター・ロマンティシズム
など、僕の中で秘密の異名をたくさん持つ影の演奏者、坂本宰さんが
久しぶりにソロ公演を行います。

坂本さんは僕の映画《The Shadow and Stardust》にも出演して下さったり、
もう、10年近く僕の良き相談相手としてお世話になっているんです。

最近、ソロ公演が無かったのでこれは本当に嬉しいニュースでした。
しかも坂本さんの影の公演を見るには一番ふさわしい、11月です。

planBという完全な闇を創り出せる場所で、坂本さんの影が繰り出す
ドラマチックな光景を見るのが今から楽しみでなりません。
毎回違ったテーマで、驚きと感動を与えてくれる素敵な舞台です。

そして11月、13日の金曜日にはアップリンクでもソロ公演があります。


・11月13日(金) 坂本宰の影『モノローグ』at Uplink Factory
e0142092_05277.jpg



みなさん是非とも「生の映画」とも言える彼の公演に足をお運び下さい!
by makinokino | 2009-10-25 00:18 | メモ
爆音レイトショウ 終了
10月10日より一週間続きました爆音レイトショウ、
無事に終了致しました。

ご来場下さった皆様、
本当にありがとうございました!

こういう映画の上映に人が来るなんて、
世の中まだまだ捨てたものではないのかも知れません。

ゴダールが爆音レイトショウをやったときの集客を超えられるように
頑張ったのですが、足下にも及びませんでした。。。。。

バウスでの爆音上映は、劇映画、商業映画だけでなく、
音楽映画や自主映画、実験映画まで幅広く映画を上映するという点で、
商業映画専門館よりも、ずっとずっと文化レヴェルが高いと思います。
映画が全盛期のパリみたい。まさにドリーマーズの世界です。
樋口さんは現代のラングロワなのかとさえ思います。
映画とロックが同居している。まったく、素晴らしい状況!!


バウスシアター、アップリンク、
こういった映画上映館は、本当に貴重な、かけがえの無い存在だと思いますし、
最先端だと僕は考えています。
そういった場所で上映出来て、本当にうれしかったです。

そして、京都や北海道より、たくさんの方がこの上映の為に足を運んでくれました。
本当に申し訳有りません。。地方からは上映の声がかからないんです、、、、
なるべく早くDVD化を考えますが、家でDVD見ても、それは映画を見た事には
なりませんから、、、やはり見に来て頂けて本当にうれしかったんです!
ありがとうございました!


この数ヶ月、上映の為に多くの映画を見て、いくつか気付いた事がありました。
やはり実験映画というのは、劇映画、商業映画に対するアンチや反発で創っている
作家が非常に多いという事でした。だから意図的に物語性を排除する作品が多い。

僕は劇映画からも実験映画からも、同等の影響を受けていますから、
どうしても物語性(ストーリーではなく、ナラティブと呼ばれるもの)
を排除したく無くて、ここまでやってきました。
むしろそれが無くては、映画は創れないとさえ思います。


劇映画には足りないものがあると感じるし、
実験映画に足りないものも、すごくわかる。


だから僕は自分で映画を考えて来て、(僕に映画の先生はいません)
自分で手法や方法論を創って来ました。

そして、今年になって2回も映画上映のキュレーションを担当したり、
映画館で上映したりしているあいだに、気付いた事がありました。
《The World》を上映しているあいだに、心の中に新しいものが生まれました。


これから、少し時間がかかるかも知れませんが、
また新しい映画を創って、日本でも上映出来るようにガンバリマス。
by makinokino | 2009-10-17 22:59 | メモ
everything is fine

今日は朝から素敵なニュースが来ました。

《The World》《still in cosmos》がロッテルダム国際映画祭に招待されました!
審査結果が今日届きました。
映画が出来た翌日に、ロッテルダムに送ったのでした。。。

がんばって良かった、、、、です。

招待上映は今年で3年連続となりました。
もう、ロッテルダムは己の庭のようなものです。笑

この二作品は、続けて見る事に意味があるように創ったので、
最高の状態で、またロッテルダムに行ける事が嬉しいです。

少し、トラブルというか、問題があって、ロッテルダムで上映出来ないかもという
話もあったのですが、全て、最高の条件で解決したんです。
誰も傷つかない形で!!!本当に良かった。
IMPAKT FESTIVAL でも、無事に《still in cosmos》が上映出来ます!!!

(他のオランダの映画祭で上映した映画は、ロッテルダム映画祭には出せないとか、そういう問題でした。映画作家は、きちんと映画祭の規約を読まないといけませんね!今まで、読んだ事がありませんでした。。)

ロッテルダムに行くと、ものすごい映画作家がたくさんいるので、
勉強になります。そして、僕は、過去2年、この映画祭に参加して本当に多くの事を学びました。

アユミギャラリーでの上映も、バウスでの実験爆音オールナイトも、
ロッテルダムで出会った友人達の協力無しでは実現しませんでした。

まだ3ヶ月以上もあるので、更なる新作も出来てしまいそうですが、、、、
がんばります!!


バウスでの爆音上映、あと2日です!!!!
こんなに良い条件で上映出来るのは、本当に貴重なので、
映画と音楽に少しでも興味のある人は、是非来て欲しいです!!
by makinokino | 2009-10-15 00:06 | メモ
実験爆音オールナイト


実験爆音オールナイト、いろいろトラブルがありましたが、
何とか、終了しました。

ご来場下さった方々、本当にありがとうございました。

参加してくれた作家の方々、協力してくれた皆様、
ありがとうございました。

少し、大変だったと思いますが、こんな経験はなかなか出来ないので、、、
今思うと、何か、一つ一つの作品どうのこうのでは無く、
体験としてものすごく貴重なものだったのだなあと思います。

こういった過激で、ストイックすぎる作品が、
世界中から集まった、そしてそれが一晩中発光し続けて、
たくさんの方々が見ていた、音を浴びていたという事実が、
それが重要だったのだと、思いました。

「今後も続けて行く」とか、「新しい国際映画祭として立ち上げる」とか、
そういった発想も、もちろん浮かびましたが、、、、

今はそれよりも、自分の次の映画を進めたいと思います。


帰り道、樋口さんと二人で朝日の中を歩きました。
「いやぁ、久しぶりにムチャをやっちゃったね」
なんて話しながら、駅に向かいました。
空には雲が無くて、青と日の色が混ざっていました。



《EVE》《NOT YET》《STILL IN COSMOS》《THE WORLD》の
爆音レイトショウは10月16日まで続きます。

その後,ここまでまとまった上映予定はありません。
この機会に是非見ておいて下さい!!
by makinokino | 2009-10-12 03:53 | メモ
爆音調整③


全作品の爆音調整が終わりました。

不思議と、耳鳴りもしません。

「嵐の後の静けさ」なんて言葉はありませんが、、、、

昨日のタイフーンなんか、本当にカスです。
本当の「光と音のタイフーン」がバウスシアターで巻き起こります!!!!!

e0142092_1334361.jpg



e0142092_134871.jpg



日付では、もう明日だ。

がんばらなくっちゃ。。


※10月9日(金)の朝日新聞にThe World の記事が載ります。(武蔵野地区限定)

※新作が出来ました。《The Low Storm》。今年はたくさん創り過ぎました。。。
by makinokino | 2009-10-09 01:44 | メモ
爆音調整②

e0142092_1132756.jpg



ongoingでの上映会、無事に楽しく終わり、ほっとする暇もなく
爆音上映の準備に入りました。

オールナイトで上映する作品も無事に全て到着し、
あとは各作品の上映チェックと上映順を決めます。

実験映画で爆音オールナイトという考えが持ち上がった時には、
そんな事が可能なのか、作品は集まるのかと本当に悩みましたが、
むしろ集まりすぎて、時間をオーバーしてしまいそうです。

その場合、僕の《The Seasons》を削る事にしました。
その他の作品をどうしても上映したいので、、、、


それと、初めて爆音で《The World》を見ました。
e0142092_11143795.jpg

今までの作品のような、激しい光のコントラストはありませんが、
映像と音楽のコントラストがとにかく激しいです。

「ああこれはコラージュだ」と思ったり、
「何処の国で、誰が、いつ創ったのだろう」なんて自分で思ったりしました。

自分の見ている世界と、自分の置かれている状況が
変化、移動を続け、記憶や夢の中を飛んでいるみたいな気持ちになりました。


10月10日の上映まであと少しです。


樋口さんの家庭の事情もあり、もしかしたら樋口さんが爆音上映に
来られなくなるかも知れないという状況を知り、
もし今回、何かあっても、僕たちで頑張ろうと、
バウスシアターのスタッフの方達と約束しました。



外は雨で、深夜で、少し寒かった。


何もかも、良い方向に向かいますように。
by makinokino | 2009-10-06 11:35 | メモ
10月3日 art center ongoing

明日は吉祥寺の、art center ongoing での上映会があります。

http://www.ongoing.jp/

ongoing主催の小川さんの御好意により、上映が実現しました。



2002年から2004年にかけて一人で創った
《The Intimate Stars》、

シルエットパフォーマンスで活躍する坂本宰さんが影で出演する、
《The shadow and stardust》、

音響彫刻家と呼ばれるTAMARUさんのベースが
「地球の回る音」を奏でる《In the Spectacle》、

僕と平野敏久さんのギターフィードバックが炸裂した
暗い、暗い、映画《Tranquil》、

ジムさんとの初めての協奏となった《No is E》、
ロッテルダムで派手なデビューをした《Elements of Nothing》、

フランスの現代音楽家ColleenことCecile Schottさんと創った新作
《while we are here》などなど、非常に内容の濃い上映会となります。

僕は徹夜明けで行くので、少し元気が無いかも知れませんが、、、
がんばります!

バウスシアターで《The World》を見る前に、是非とも見て頂きたい
大切な作品ばかりです。
by makinokino | 2009-10-02 13:34 | メモ
The World 完成!

さきほどジムさんより音楽を受け取り、無事に完成しました。

特に、映像ともに作り替えた後半の部分が、、、、

言葉にならない、、

見た事の無い、感じた事の無い世界があった。

遠いのか近いのか、

炎のように暖かいのか、冷たいのか、

時間なのか、経験なのか、、


体が震えました。

うぅぅ。。。。。。。。。。。!
by makinokino | 2009-10-01 01:42 | メモ