映画作家 牧野貴の映画の上映予定など
by makinokino
カテゴリ
メモ
[+]上映会について
上映予定
2009年
2006年〜2008年
Movie
Schedule
2006〜2008
2009
活動歴
contact
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
同時多発的に


イメージフォーラムの澤さんと連絡をとったり、
No Fun Fest のカルロスさんと連絡をとったりしていて、
共通の話題になりました。

2009年は、実験映画やビデオアートと呼ばれるジャンルの
映画祭、映像祭、企画上映会がすごく多くない?
という事でした。
上映される場所も広がって来たと思います。

まだ公的に発表していませんが、年内に、
すごく野心的で面白い企画が、少なくとも4つあります。

日本でも今年は恵比寿映像祭から始まり、
「ヴィデオを待ちながら」展も凄く良かった。

No Fun Festにも映画部門が出来たし。

世界的にも、同時多発的に、映像表現の発表の場所が
新しく出来始めているようです。

これは面白い現象だと思っています。
これからが楽しみです!
by makinokino | 2009-08-29 14:53 | メモ
《The World》バウスシアターにて公開決定!!

爆音映画祭でワールドプレミアをやりました、
《The World》が再撮影、再編集を追加し、完成しました。
爆音映画祭では、Jim さんはEMSシンセ・ソロを炸裂させましたが、
録音の場合はどうなるでしょうか。

初の長編作品となる、《The World》ですが、
10月10日(土曜日)より、吉祥寺バウスシアターにて、
一週間、レイトショウ公開が決定致しました!!
これは今までで最大の事件です。

Jim監督の《Not Yet》僕の過去作品《EVE》、
その他短編も上映します。

この上映を見れば、僕とJimさんが一緒に活動したのが、
偶然ではなかったというような、何か、証明が出来ると思っています。




レイトショウ公開の初日となります、10月10日に、
ぞっとするような大きなオールナイトイベントを行います。
この2週間は、その企画が可能かどうか、それを探り続けていました。

可能になりました、、、、、

まずは、今年の5月にニューヨークで行いました、
No Fun Fest の映画部門を全て輸入します!

その他、触手を伸ばし、作品を集めている状態です。
まだまだ難関が、いくつもありますが。。。

Jimさんが最高に影響を受けたという作品も、
フランスより取り寄せて上映したりします。




☆ビッグニュース その3

吉祥寺駅から歩いて、バウスシアターを通り過ぎて、、
女子大通りまで出ると、art center ongoing という、ギャラリーがあります。
そちらのギャラリーで、レイトショウ公開を記念して、
10月3日に、プレイベントを行う事になりました!

僕の過去作品を多数上映し、少し話したりします。
《No is E》《Intimate Stars》《In the Spectacle》など、、、、
そちらも、爆音上映とはまた違いますが、
楽しい夜になると思っています。




ColleenことCecile Schottさんより音楽が到着しました!
ギター、ヴィオラ・ダ・ガンバ、シンセサイザー、、、

これは、「曲を提供」というよりも、完全に「映画音楽」です。

Colleen初の、映画音楽です。ものすごい才能を開花させています!

この新作は、9月11日より、神楽坂のアユミギャラリーで
上映します。 ご期待下さい!

昨日、オーストリアのJohann Lurfより作品が届き、
これでレッドクロス上映会の作品、全て揃いました。

作品を創るのも楽しいし、企画をして、
また友人に会えたり、作品交換出来るのは、本当にうれしい事です。

みなさんありがとうございます。
by makinokino | 2009-08-22 13:03 | メモ
チラシ完成

青柳君と創りましたチラシが、1000枚出来ました。

1000枚です。

今回、この上映会、展示に参加、出品する作家は15人です。
みんなで分けました、それぞれ散って行くのでしょう。

2007年にアユミギャラリーで行ったインスタレーションの事を思い出しながら、
John Cage の《In a Landscape》をエンドレスで聴いたりしています。

この曲を聴くと、
体が脳と脊髄と眼球だけになって宙に浮いているような気持ちになります。

体が、自己が、消失していきます。

「目に見えるもの、人も、全てが風景に見える」と思ったのも、
この曲を聴いた時でした。


とにかく初心を忘れずに頑張りたいとおもいます。(笑)
by makinokino | 2009-08-17 22:04 | [+]上映会について
動き出した


boidの樋口さんと、Image Forumの澤さんと、
近い未来の、ある上映企画について、打ち合わせをして来ました。

実現すれば、それこそ革命的な大事件が起こせるはずですが、
その為には、多くの方々の理解と協力が必要となります。

何よりも、時間があまりありません。。

自分が今までにして来た事の、成果が試されるというような、
考えただけでも冷や汗タラタラな状況ですが、
きっと出来ると思います。

ここにこう書いているのも、やるのだという覚悟を決める為なのだと
思っています。。。。
作品制作とは違うところで、全生命力を使います。。。

無謀かも知れませんが、うまく行けば実験映画と呼ばれる
映画の世界に、強烈なタイフーンを運べると思います。
洪水も、、

あぁぁ、、、  がんばります。。


ブラザーズ・クエイに、「亀のように生きろ」とアドバイスを受けて以来、
亀を大切に育てていますが、(今年9歳)その亀が最近たくさん卵を産みます。。

これは何を意味しているのでしょうか???

うわー
by makinokino | 2009-08-09 23:17 | メモ