映画作家 牧野貴の映画の上映予定など
by makinokino
カテゴリ
メモ
[+]上映会について
上映予定
2009年
2006年〜2008年
Movie
Schedule
2006〜2008
2009
活動歴
contact
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Screening for Red Cross 詳細


9月11、12、13日に、青柳龍太のキュレーションで行います、
短編映画上映会の詳細が決まり始めました。

作品を応募して下さった方々、本当にありがとうございました!

これから主催の青柳龍太と審査をし、上映作品を決めたいと思います。

現段階では、以下の作品が決定しています。

オーストリアの新鋭、Johann Lurfの新作“12 Explosionen”,
e0142092_11275660.jpg

ロッテルダムでは"Ultra Light"というプログラムのオープニングを飾った、
シンプルで破壊的な問題作です。僕はJohann の大ファンなので、
日本初上映を出来る事が本当にうれしいです。
風景を光に変えることの出来る、素晴らしい人です。



アメリカ実験映画界の異端魔術師、Ben Russell の新作 "TRYPPES 6 (MALOBI)"
e0142092_11283176.jpg

Ben Russellとの作品交流も、もう4年になりました。
この作品は彼の最高傑作だと思いました。12分1カットのこの映画が
ロッテルダムで上映された時、衝撃のラストシーンでは観客全員が、
「オー!!!」と、歓喜の声か、悲痛の声か、どよめきがおこりました。
こちらも、日本初上映です。お楽しみに!



イギリスの短編映画界を代表するBen Rivers の新作“Origin of the Species”
e0142092_1129364.jpg

Ben Riversとの仲は、僕が2001年にロンドンへ行っていた時から繋がっています。
彼の作品は本当に魅力的です。
16ミリ、モノクロ、シネスコ、サウンド、自家現像という、
最近ではまずあり得ないフォーマットでの彼の作品を見た時には、
意地とも呼べるほどの行動力とユーモアに感嘆の声をあげてしまいました。
最近は、ドキュメンタリーを多く製作しています。
今回上映する作品は、山の奥でひっそりと暮らす老人の生活を追ったものですが、
何とも言えぬ宇宙的な広がりを持った作品です。
まさに、ボーダーレスな感覚を生み出す天才だと思います。
日本初上映です。




特別上映枠としてフランスの異端美術家、シュルレアリスト、変態の
Pierre Molinier のプライベートフィルム“私の足”も公開出来る事になりました!
e0142092_1202263.jpg

以前上映会をさせていただいた、
アートスペース美蕾樹の主催の生越さんの協力によって、実現しました。
異様な色気と熱気が伝わって来る神秘的な、退廃的な映画です。
デジタルリマスター版が上映されるのは日本初です!



一般公募枠では、
フィルムコラージュ、インスタレーション作家の島田量平、
自家現像されたフィルムを使う、サイレント映画作家、田巻真寛の、
二名の参加が決まりました。



モリニエ以外は2008年以降の作品ばかりです。
ご期待下さい!
by makinokino | 2009-06-16 01:02 | [+]上映会について
嵐の後に


今年になって、東京都写真美術館、ロッテルダム国際映画祭、
No Fun Fest、爆音映画祭と、割と規模の大きな上映が続きました。

そのせいか、もう、毎日のように、びっくりするくらいに、
世界中の映画祭からのお誘いが耐えなくなりました。
メールだけだと、もう誰が誰だか、どこの国の方だっけと
わけがわからないような混乱状態に、、、

急いでPALのテープを送ってくれと突然言われても、
コピー料金も馬鹿にならないので、躊躇してしまいます。
PALとNTSCなんて、早く無くなれば良いと本気で思います。


未だに去年の映画《The Seasons》が元気に巡回しているので、
《Still in Cosmos》は来年のロッテルダムまで温存しようと思っていましたが、
そうもいかなくなりそうです。
とにかくプレビュー、審査用のDVDを焼いて焼いて焼きまくります。。



しかしまだ、《The World》の情報は海外には漏れていないようです。
ゆっくり、ゆっくり。。。。汗
ちゃんと考えないと自分の過去作品がどんどん埋もれてしまいます。


それと

爆音映画祭の感想を送ってくれた皆様、
本当にありがとうございます。嬉しかったです。
by makinokino | 2009-06-12 10:47 | メモ
爆音映画祭の事



6月5日に行われました爆音映画祭での上映が終了しました。


e0142092_11595517.jpg



僕は映写室からJimさんに合図を送ったり、記録映像を撮ったりしていました。
YOU TUBEに載せようかと思ったのですが、、なんとなくやめました。


ご来場下さったたくさんの方々、本当にありがとうございました!
また、満員で入場出来なかった方々、本当に申し訳有りませんでした。
また上映の機会をつくっていきたいと思っているので、
その時を楽しみにしていて下さい。

そして爆音映画祭スタッフの方々、バウスシアターの皆様、樋口さん、
このような素晴らしい機会を与えて下さって、ありがとうございました。


ついに念願の爆音上映出来ました《still in cosmos》は、
今月にエジンバラ国際映画祭で上映し、それから海外の映画祭を巡回します。
上映後、Jimさんに「cosmos ファッキン大傑作!」と言われました。笑


《The World》は、今回の爆音ライブでお互いに出し合った
映像と音楽をもう少し洗練させて、バウスシアターで再上映する予定です。


しばらく日本での上映機会は無いかなと思っていたのですが、
9月以降にどんどん予定が入って来ました。
by makinokino | 2009-06-08 12:03 | メモ
爆音調整

バウスシアターにて、爆音調整をしてきました。

e0142092_1124532.jpg



《still in cosmos》の調整をしました。
久しぶりに見たのですが、、、何か、、、叫びそうになりました。
ついに、画、音ともに今までで最高の条件がそろいました!!


しかし僕が一番感動したのは、
夜遅くまで、一切の妥協を許さずに真剣に映画に向き合い、
その映画の最高の条件を見出す樋口さん、爆音映画祭スタッフの方々の態度でした。
本当に素晴らしいと思います。
爆音映画祭とは、なんて誠実な映画祭なのだと改めて思いました。
こんな映画祭は、他に無いと思いました。

いろいろな映画祭に参加しましたが、上映の条件は、
ロッテルダム以外は、とても良いとは言えないものが多く、
あまりに酷すぎて、泣きたくなった事もありました。(香港映画祭)

今回はそれらの記憶を、すべて吹き飛ばすような、爽快な上映が出来ます!!


新作の事で頭がいっぱいで、
爆音映画祭で上映出来る喜びの事を完全に忘れていましたが、
考えてみれば、こんなに最高の舞台はなかなか有りません。


頑張ります!!!
当日に頑張るのはJimさんですが。。。
とても楽しみにしています。
by makinokino | 2009-06-04 01:54 | メモ