映画作家 牧野貴の映画の上映予定など
by makinokino
カテゴリ
メモ
[+]上映会について
上映予定
2009年
2006年〜2008年
Movie
Schedule
2006〜2008
2009
活動歴
contact
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
In your star
Machinefabriekとの数回に渡る意見交換、サウンドテストの繰り返しにより、
新しい映画 "In your star" が今完成しました。

光と音とemailで僕とRutgerは映画を創りました。
言葉で音や光を説明するというのは大変な事でしたが、やり遂げました。

Machinefabriekのサウンドトラックは、sensitive, powerful, flexible, そしてcreativeで、引き出しがとにかく多い、技が多く、、、、とても優しく、そして暖かいアルチザン的な仕事だと言えます。

そして、これは自分にとって驚異的な事なのですが、この映画、"In your star"は、僕が2001年から2004年にかけて一人で撮影して音楽も創った"Intimate Stars" にとてもよく似ているのです。

むしろ、"Intimate Stars" を創っている時に夢みていた映画が、6年の歳月を経て、突然目の前に出現したかのようです。

映画を創っていて良かった、10年前にあきらめないで良かったと思える瞬間は、いつも映画が出来た、その瞬間であると断言出来ます。



12月18日 追記
ロッテルダム国際映画祭に、この作品のプレヴューを送ったところ、上映してもらうことが可能となったのですが、そのためには現時点でエントリーされている”Inter View”をキャンセルしなくてはいけないという条件がありました。しかし僕はすでにTara Jane O'neil や、Cinema Projectのみんなに”Inter View”がロッテルダムに招待されたと報告していて、みんなすごく喜んでくれているので、今回は当初の予定通りに、”Inter View”を出品することにしました。
近年、自分の新作が自分の過去作品の発表の場を奪ってしまうという事が非常に多く(それは僕の作品制作のペースが速すぎることが災いしているのですが)、悩むことが多くありました。
僕の公式ウェブサイトに”Inter View”や”In your star”の情報を載せていないのも、もし載せてしまったらどの映画祭も新作ばかり上映したがるので、せっかく創った作品がどんどん追いやられてしまう事になるからです。

しかし僕は映画祭のために映画を創っているわけではないので、これからも映画祭に合わせて映画を創ることは無いと思います。自分のペースに従順でありたいと、そう願っていますし、これからもそうして行くでしょう。
by makinokino | 2010-12-16 21:35 | メモ
<< 牧野貴+石田尚志 [4 Spectacle] 終了 >>